引越しや模様替え・大掃除で出てくるのが不用品ですよね。

細かなゴミであれば、ゴミ袋に入れて捨てられます。

しかし、タンスや布団などの大きめサイズは、なかなか大変です。

粗大ゴミ置き場まで持っていけない。

ゴミが多すぎるから手伝ってほしい。

そんなときには、

不用品処分のお手伝いサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

今回は、よくお願いされる2つのパターンを紹介しますね。

重たいものも面倒なものも、あなたの要望に応じて片付けますよ。

パターン①ゴミ回収の指定場所に持っていって欲しい

「不用品や粗大ごみを処分したい。」

となると、一番に思いつくのが自治体のサービスですよね。

回収料金は地域によりますが、

他の回収業者に依頼するより低価格の場合がほとんど。

ですが、意外と大変って知ってましたか?

一週間前には、行政に電話やサイトから申請をしなければなりません。

回収の日時を決めます。

また、コンビニなどで売っている専用の処理券を購入し、

品物に貼っておく必要もあります。

最後に、指定の場所に持っていけば完了です。

ここで気になるのが一点。

布団やマットレス、本棚といったかさばる物は、家の中まで取りに来てくれないのかな?」

残念ながら、ほとんどの場合難しいでしょう。

自治体での回収は、軒先に出しておかないといけないのです。

体力に自信の無い方や女性の方・高齢の方にとっては、つらいですよね。

そんなときは代行サービスにお任せしましょう。

パターン②家の中で片付けや処分のお手伝いをして欲しい

大型家電ではなく、服などの軽いものを

「自分では使わないから、捨てたい。」

と思うときもありますよね。

一度アイテムをよく観察してみてください。

「ちょっと汚れは付いてるけど、まだ使えそう。」

そう思うなら、売ってしまうのも一つの手です。

お小遣いになるかもしれません。

宅配買取も人気ですね。

女性に多いのが、ブランド服やカバン・アクセサリー。

ファッションのサイクルが早いので、

一時期流行っていて買ったけれど、今はもう身に付けられない、ということもよくあります。

今はネットでもフリマアプリがありますし、昔より売る方法がたくさん。

家の中に宝が眠っているのなら、他の人にヘルプを出してみませんか

片付けや準備には、お手伝いを頼んだほうが早く終わりますよ。

まとめ

不用品の処分に関して、少人数で進めるのは大変です。

そんなときは業者に手伝ってもらうのが楽。

  • パターン①ゴミ回収の指定場所に持っていって欲しい
  • パターン②家の中で片付けや処分のお手伝いをして欲しい

ゴミに関するちょっとしたお困りごとも、解決いたします。

あなたの代わりに、ゴミの運搬などをいたします。

当社は低価格で高品質なサービスを提供しております。

お気軽にご相談くださいね。