長年お家に住んでいると、どこかしらトラブルが出てきます。

雨漏りするようになった・・・。

外壁にひび割れを見つけた・・・。

雨樋が壊れて、お隣さんに迷惑をかけている・・・。

そんなときは、すぐに業者に頼んだほうがベターです。

放っておくと、大きな被害になることも。

住宅に関する、よくあるトラブルを3つ紹介しますね。

トラブル例①雨漏りしてきた

「突然、天井から水が垂れてきた!」

天井をよく見ると、

その部分だけ色が違う・膨らんでいるなどの症状がありませんか。

家を建ててから10年以上経つと、発生することが多いんです。

屋根の塗装や波板が剥がれているかもしれませんね。

この場合、業者またはご自身で修理する必要があります。

屋根ですから、はしごなどで登らないといけませんよね。

慣れない方が行うと、足を滑らせてしまう可能性も。

もし登れても、結局雨漏りは直せなかった、という声も聞きます。

それなら、プロにお任せしませんか。

迅速に屋根・波板を貼り替えるので、室内も快適に過ごせますよ。

トラブル例②外壁にひび割れを発見した

「あれ、この壁にひびなんてあったっけ?」

家の外壁も長年経つと、ひび割れを起こしたり、剥がれてしまったりします。

壁を手で触ると、白い粉が付きませんか?

それは、「チョーキング現象」と呼ばれるものです。

この劣化を発見してしまったら、早めに対応したほうがいいですよ。

水分が壁の内部まで染み込むと、

家自体の耐久性も弱くなってしまうためです。

ただ、自分一人で面積の広い外壁を塗装するのは大変です。

塗料だけでなく、養生シートなども準備しなければいけません。

時間も手間もかかってしまいます。

業者に依頼すれば、あなたが忙しくしている間にキレイに直せますよ。

トラブル例③雨樋が壊れて、敷地外に水をはねている

「変なところに水が飛んでいる!」

雨樋が壊れていたり、ゴミが詰まっていたりすると、

予想外の場所に水をはねてしまいます。

雨水を上から下に流す機能が働かなくなっているためです。

雨樋の調子が悪いと、お隣さんの壁に飛んでいる場合があります。

キレイではない水を当てていることになってしまいますね。

また、雨樋は経年劣化で折れ曲がることが多いです。

過去には、近所の敷地内に入ってしまい、

外壁に傷を付ける・窓を割るといった事例も

たとえ仲が良くても、すぐに修理しておきたいところです。

雨樋は高い場所に設置されている上、修理の仕方もよく分かりませんよね。

自ら対応するには少し厄介。

プロに相談すれば、しっかりと補修してくれますよ。

まとめ

長期間住んでいるうちに、傷んでしまうお家。

変化に気づいたら、早めにメンテナンスするほうがいいですよ。

  • トラブル例①雨漏りしてきた
  • トラブル例②外壁にひび割れを発見した
  • トラブル例③雨樋が壊れて、敷地外に水をはねている

これらを放っておくと、さらに大きなトラブルになるかもしれません。

プロに依頼すれば、大切な住宅を長持ちさせることも可能です。

当社は低価格で高品質なサービスを提供しております

お気軽にご相談くださいね。