引っ越しは一大イベントですよね。

新居を契約する際にかかる費用も大きいので、

引っ越し料金は抑えたいところです。

業者に頼むより安く、マイペースに進められるので

自分で荷物を運ぼうかな。

と考える方もいますよね。

ですが、本当に自分で引越をして大丈夫でしょうか?

この記事では、自力で行う際のリスク3つをまとめました。

デメリットを確認すれば、

プロに頼んだほうがいい。」という結論に変わるかもしれませんよ。

リスク①思ったより高かった

「業者に頼むと高い!」というイメージですよね。

荷物の量や距離・時期によって変動します。

業者によっても料金設定は変わりますが、

相場は3万〜7万と言われています。

では、実際に自分で運んだらいくらになるのでしょうか?

「0円?」

いえ、不正解です。

近場であれば、無料で済むかもしれませんね。

しかし、軽トラに荷物を積んで引っ越すのが主流です。

少なくとも1万円はかかります。

レンタカー代が7,000円、ダンボール代が3,000円です。

さらに友人に手伝ってもらったなら、1人あたり約5,000円を謝礼として渡します。

もし4人がヘルプに来てくれたら、お礼だけで2万円(5,000×4名)ですよね。

さきほどのレンタカーなどを足したら、3万円です。

料金はさほど変わらないんですね。

自力で行っても同じなら、プロに頼むほうが気軽ではないでしょうか。

リスク②体力的に大変

自ら荷物を運ぶと言っても、大きな物もあります。

洗濯機や冷蔵庫・ベッド・テーブル・チェアなどは、重たいですよね。

一人では運べません。

知り合いにお願いしても、

時間が合わなくて集まらなかった・・・。」なんてことも。

友人達が手伝ってくれる場合も、けがが心配です。

無理をすれば、ぎっくり腰になってしまうかもしれません。

また、引っ越し作業以外にもやるべきことは残っています。

近所への挨拶や役所の手続きなどなど。

新しい場所を堪能したいのに、へとへとになってしまいますよ。

引っ越しサービスを利用して、体力を温存したほうがおすすめです。

リスク③傷を付けてしまう

新居の壁や床に傷が残った・・・。

ご自身で荷物を運んだ場合、よく聞く話です。

家具が壊れることがあっても、なんとか諦められるでしょう。

でも、ピカピカの家に、一日目で跡や汚れが付いたならショックですよね。

もし友人が原因だったら、本人も悲しいですし、頼んだ側から責めることも出来ません。

一方、プロに頼めば、養生をしてくれます

家具や家にカバーを付けて、万が一当たってしまっても傷が付きにくいのです。

アパートの共有部分も、しっかりと守ってくれます。

新しいお家と大事な家具を守るため、慣れているプロにお任せしてみませんか。

まとめ

引っ越しを自力で行う際のリスク3つをまとめました。

  • リスク①思ったより高かった
  • リスク②体力的に大変
  • リスク③傷を付けてしまう

「安くて、マイペースに進められるから。」と安易に決めてしまうと、

後悔してしまうかもしれません。

価格・体力・養生に不安があるなら、代行サービスを利用しましょう。

あなたの代わりに、家具などの運搬をいたします。

当社は低価格で高品質なサービスを提供しております。

お気軽にご相談くださいね。